2016年06月06日

「地方消費者グループフォーラム~関東ブロック~」に参加して

3月3日、新潟市で開催され、1都9県の関東ブロックより272人が集まり盛大にフォーラムが開催されました。県内の消費者協会からも多数の会員が参加しました。「つながりを広げ、深めよう~安心・安全な消費者市民社会に向けて~」のメインテーマのもとに午前中は坂東久美子消費者庁長官の講話に続いて、「異業種の連携でつくる地域のセーフティネット」と題して、茨城NPOセンター・コモンズ代表横田能洋氏より豊富な内容の基調講演がありました。その後、神奈川県、千葉県、新潟県など5つの行政・団体からの取組実践報告がありました。講演や報告からは活動のヒントを得ることが出来、福祉や地域、学校などと広く係わって活動を展開することが消費者市民社会の構築につながることを学ぶことができました。
お昼には、鮭の焼き漬けや醤油おこわ、笹団子など「うまさぎっしりなど新潟の味」にこだわったおいしいお弁当を食べました。午後からは「消費者教育の推進」「見守り活動・多様な連携」「これからの消費者市民活動」3つのテーマに分かれた分散交流会がありました。私は「消費者教育の推進」部会に参加しました。他県や県内の様々な団体の方々と活発な意見交換、情報交換ができました。私は、その中で、こども消費者学習や県のサポーターの活動について報告をしました。その後の全体会では、6グループの参加者から短時間ながら有意義な発表がありました。
長谷川会長が実行委員長を務め、全国ブロックの今年度最後の会で最大の参加者を得、実践的な内容で、参加された方々の今後の活動に生かされていく有意義なフォーラムだったと感じました。(常任理事 本多満喜子)
posted by 新潟県消費者協会 at 12:58| コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。