2018年10月31日

徳島県消費者協会を訪問して

 徳島県消費者大学校大学院専門教育コースの受講生の皆さんに「繊維・繊維製品から考える環境問題」というテーマで話をする機会を得て、今年の9月25日に徳島県消費者協会を訪れた。
 世界的な環境問題として、これまで地球温暖化問題がクローズアップされてきたが、今年の前半頃から第二の地球環境問題としてマイクロプラスチックによる海洋汚染に関心が高まっている。繊維とプラスチックは同じ原料から異なる製造工程で作り出されたものが多く、私たちの身近なレジ袋の問題とも関係がある。もちろん,衣服の廃棄問題や洗たくに関連した環境問題も取り上げた。消費者問題として関心を持っていただきたいテーマであった。
 さらに他県の消費者協会の活動にも関心があった。徳島県は消費者行政に力を入れており、当日午後からの卒業式にも参加して、その一端を垣間見ることができた。県知事が3コース約70名の一人ひとりの卒業証書を読み上げ、写真撮影まで参加されて卒業生と歓談されておられる姿に、賢い消費者を育てる姿勢が感じられた。都道府県によって重点政策はもちろん異なるが、消費者協会の役割を考える有意義な機会を与えていただいた徳島県消費者協会に感謝したい。

副会長 菅井 清美
posted by 新潟県消費者協会 at 11:49| コラム | 更新情報をチェックする